妻の浮気を調査して不倫を見破る!費用や方法・事例など

浮気調査

妻の浮気を調査して不倫を見破る!費用や方法・事例など

投稿日:

妻の浮気を調査して不倫を見破る方法を紹介します!

浮気調査についての基本的な知識を身に付けて、妻に慰謝料を請求するチャンスです!

浮気されたかもしれないと不安に思ったのでしたら、実際に調査してみることをおすすめします!

妻の浮気の調査方法

妻の浮気の調査方法を紹介します。

妻の浮気の調査方法

調査方法は、大きくわけて2つあります。「自分で調査をする方法」と「探偵を雇って調査してもらう方法」です。

この2つのどちらを取るかは、自分で調査して失敗してしまうリスクや、現在ある証拠で妻を追い詰めることができるかが基準となります。

実は、妻の浮気そのものは簡単に見破ることができます。スマホのロックを解除してLINEを見れば一発で妻が浮気しているかどうかわかりますよね。

そのため、調査を行う前に、妻に「浮気しただろ」と問い詰めるという方法もあります。

しかし、LINEの画像だけでは浮気の証拠としてはやや不充分で、できれば「ホテル等から出てくる妻の写真」が欲しいところです。

この写真獲得は難しい・方法が思いつかないという人が多いでしょう。

自分で無理なら探偵に依頼しよう

どうしても妻がホテルから出てくる写真等を自力で入手できないと判断したら、探偵に依頼した方がいいかもしれません。

自分で無理なら探偵に依頼しよう

自宅で浮気をしている場合は証拠写真を掴みやすいのですが、妻が警戒しているせいでそのような証拠を掴めない場合は、探偵に依頼した方がいいです。

まずは、妻が浮気しているであろう日を妻の生活リズム等から見抜いて、妻を尾行しましょう。

尾行して他の男性と会っていたのだとしたら、妻が浮気している可能性が高いです。

ちなみに、探偵は調査・尾行のプロですので、尾行や張り込み能力は非常に高く、適切な方法で精度の高い調査を行ってくれます。

妻の浮気調査を自分でやる方法

妻の浮気調査を自分でやる方法について紹介します。

妻の浮気調査を自分でやる方法

調査を自分でやる場合、まずは「本当に妻が浮気をしているか」を見極めてください。

証拠写真等は一旦抜きに考えて、妻が誰か他の男と会っていないか等を、LINEやSNSでチェックすることをおすすめします。

実際に妻が浮気していると判断できれば、調査を行って構いません。

もし、自宅で妻が浮気しているとしたら、調査を自分でやるのは簡単です。部屋の中に監視カメラ等を仕掛けておけば問題はありませんよね。

ホテルや浮気相手の自宅で浮気している場合

しかし、妻がホテルや浮気相手の自宅を利用している場合は、自分でそこまで赴いて証拠を掴んだ方がいいです。

ホテルや浮気相手の自宅で浮気している場合

ここまで来たら尾行や張り込みがバレてはいけないので、自分でやるよりも、極力バレないようにしてくれる探偵を雇った方がいいです。

例えば、妻がラブホテルと男と出るタイミングを見計らって、写真を撮ってください。これが裁判や調停で最も有利な証拠となります。

ただし、ここまで強い証拠がなかったとしても、妻が観念する可能性もあります。問いただしたら妻が白状するパターンだと考えてください。

この場合は調査を自分でやる必要はありませんが、確かな証拠が欲しいというのであれば、浮気調査を自分でするかを考えましょう、

妻の浮気調査の費用と方法!探偵に依頼するとどのくらい?

妻の浮気調査の費用と方法を紹介します。

妻の浮気調査の費用と方法!探偵に依頼するとどのくらい?

調査を自分でやるのではなく「探偵」を雇う場合は、まず問題となるのが「費用」です。

探偵を雇った場合、浮気調査の費用は「調査が長引くかどうか」で金額が増減する可能性が高いです。

例えば、すぐに証拠を掴むことができれば費用も安くなりますし、逆になかなか尻尾を出さない場合は、費用も高くなってしまいます。

おおよその相場は「30万円から70万円」となっていますが、ケースによって左右されるので、そこまで参考にしなくても構いません。

この浮気調査の費用は「浮気が発覚して妻と離婚する場合の慰謝料」で大抵は賄うことができます。

 

妻が浮気していると判断したら、絶対的な証拠を獲得してもらうため、高額費用覚悟で探偵を雇ってもいいかもしれません。

探偵に調査依頼するメリット

探偵に調査を依頼した場合、裁判や調停で有利な証拠を獲得してくれます。

探偵に調査依頼するメリット

各探偵事務所によってスキルや技法は違いますが、大体の調査は「尾行や張り込み」となります。

実際に妻が浮気している瞬間等を写真に収め、それを証拠として提出してくれます。

万が一、自分で調査してもたいした証拠を得られず、慰謝料を獲得できなかったというケースも考えられるので、多少の費用をかけてでも探偵を雇う価値はあるでしょう。

また、探偵に依頼して調査を行ってもらう場合は、あらかじめ探偵社に無料相談して「費用がどのくらいになるのか」を見積もってもらった方がいいです。

妻の浮気調査の報告書内容とは

妻の浮気調査の報告書内容について紹介します。

各探偵社による調査報告書内容の違い

探偵が調査を行って「妻が浮気している」ということが確定した場合、「浮気調査報告書」を作ってくれます。

この報告書がそのまま浮気の証拠となりますので、調査してもらうのであれば、必ず探偵に報告書を作ってもらってください。

調査報告書内容についてですが、「妻がいつどこでどのように浮気していたか」等を記録してくれています。

当然、文章だけだと偽装の可能性を追われて、確かな証拠にはなりません。そのため、浮気調査報告書には「証拠写真」を同封してくれます。

実際の行為を撮影するのは非常に難しいので、大抵はラブホテルから出てくる写真や、浮気相手と一緒にいる写真が報告書に付属されることとなるでしょう。

各探偵社による調査報告書内容の違い

浮気調査報告書は各探偵社によって形式が違いますが、どこの探偵事務所も最低限の情報はちゃんと記載してくれます。

妻の浮気調査の報告書内容とは

また、調査の過程もちゃんと記録してくれます。

例えば「〇月〇日、妻が同僚の男と会っていた」というような内容を、明確に記載してくれます。

男の特徴から男の車、結局どこに向かったのか等も全て写真付きです。

この報告書を見るだけで、誰が見ても「妻が浮気している」という事実が伝わります。裁判や調停で勝つためには必要となる情報ですよね。

各探偵社でどのような調査報告書を作っているかは、探偵社のホームページを確認してください。

浮気調査報告書のサンプルがサイトに記載されている可能性があります。

妻の浮気調査の事例を3つ挙げた!

妻の浮気調査の事例を3つ紹介します!

妻の浮気調査の事例を3つ挙げた!

実際に浮気調査が成功した事例で、いずれも妻を追い詰めることができています。

妻が浮気しているかもしれないので、探偵を雇って調査してもらうことに…。
探偵に調査を依頼してから、探偵に妻の情報や浮気しているであろう相手の情報を伝えました。

実際に調査報告書を隅々まで見て、やっぱり妻が浮気していることが確定…。
妻の仕事終わりに尾行をして、どこの誰と会っているかまでちゃんと記載してくれていました。

(40歳・会社員)

探偵に無料相談した結果、調査してもらうことにしました。調査してもらえば妻の浮気を暴けるという事実を事例付きで説明してくれたので、私もふんぎりがつきました。

調査は順調に進み、いつどこで誰とラブホテルに入ったのかということを、妻に気づかれずに見抜いてくれることに
浮気が原因で離婚する事例も多いとのことで、探偵に弁護士を紹介してもらいました。

(35歳・会社員)

妻の浮気を自分で暴くことができませんでした。それだけでなく、妻から浮気調査していることまで知られてしまい…。

もう証拠を掴むのは絶望的だと思っていた時、インターネットで調べていると、探偵を雇った人が多いという情報を知りました。
ダメ元で探偵に無料相談したところ「問題ありません」とのこと…。

半信半疑で探偵を雇って調査してもらいましたが、妻にバレることなく調査は完了!事例通り素晴らしい調査をしてくれ、妻を観念させることができました。

(41歳・公務員)

 

妻の浮気調査のまとめ

妻の浮気調査について紹介しました!

妻の浮気調査のまとめ

妻の浮気調査を自分で行うか探偵を雇うかは、自分だけで調査できるかどうかでまずは考えてください。

LINEに浮気と思われるメッセージが残っているのでしたら、自分でも調査は可能です。

しかし、そうでない場合や妻が明らかに警戒している場合は、自分で調査を行うのは困難でしょう。

費用はどうしてもかかってしまいますが、探偵を雇った方がいいです。

探偵を雇って浮気調査をしてもらった場合、高い確率(探偵社によって違いますが、ほぼ100%です!)で調査は成功します。

さらに、浮気調査報告書を作成して、妻がどのような浮気をしているかも客観的に証明してくれます。

もし、妻と離婚して慰謝料をがっぽり取りたいという場合は、確かな証拠は絶対に必要です。この報告書が強い味方となるでしょう。

-浮気調査

Copyright© うわき屋本舗 , 2019 All Rights Reserved.