浮気の慰謝料相場や計算方法とは?離婚する場合や婚約中などケース別に解説

浮気慰謝料

浮気の慰謝料相場は!?未婚や離婚しない・離婚する場合や婚約中などケース別に解説

投稿日:

浮気の慰謝料相場や計算方法を紹介します!

離婚する場合や婚約中等、ケース別に浮気の慰謝料相場を確認して、裁判や調停前にどのくらいの慰謝料を獲得できるかを知っておきましょう。

場合によっては、裏切ったパートナーへの制裁代わりとなりますよ。

浮気の慰謝料の相場はいくら?計算方法は?

浮気の慰謝料の相場や計算方法を紹介します。

浮気の慰謝料の相場はいくら?計算方法は?

浮気の慰謝料の相場は、おおよそ「100万円から300万円」となっています。

しかし、慰謝料に関する具体的な計算方法は特に定められていません。

例えば、全く同じケースでも100万円程度が慰謝料となる場合もありますし、500万円の慰謝料を獲得できるかもしれないと考えてください。

そのため、浮気の慰謝料の相場である100万円から300万円という数字は、そこまであてにはなりません。

慰謝料の平均金額というわけでもなく、「おおよその人が請求するであろう金額」だと考えることができます。

浮気の慰謝料の相場よりも、「自分のケースだとどのくらいの慰謝料が請求できるのか」を考えておいたほうがよいでしょう。

より悪質だと慰謝料増額が可能

自分がされた行為がより悪質なら、浮気の慰謝料は相場に関係なく金額が上がっていきます。

より悪質な浮気は慰謝料増額が可能

例えば、浮気相手を妊娠させてしまった場合、妻が妊娠してしまった場合などは、その分、浮気の慰謝料相場に関係なく増額が可能です。

この場合も慰謝料の計算方法等はなく、「悪質だから多めに請求しよう」といった程度の考えを弁護士に伝えれば、その通りの金額を請求してくれる可能性は高いです。

まずは雇った弁護士と相談して、この場合にはどのくらいの慰謝料を獲得できるか、似たケースだと慰謝料相場はおおよそどれくらいかを聞いてみてください。

浮気で離婚する慰謝料相場はどのくらいか

浮気で離婚する慰謝料相場について紹介します。

浮気で離婚する慰謝料相場はどのくらいか

浮気で離婚する場合の慰謝料相場にも、正しい計算方法等はありません。

ただし、婚姻関係が破綻したことは確かなので、浮気で離婚する慰謝料相場は離婚しないよりも多めの金額を請求できるのは確かです。

おおよその浮気で離婚する場合の慰謝料相場ですが、「約200万円から300万円」となっています。

例えば、「慰謝料はなしだけどその代わり財産分与もなし」等と話し合いによって決めることができるので、浮気で離婚する慰謝料相場もそこまで参考にはならないと考えてください。

パートナーの浮気で離婚後に生活が苦しくなる場合

パートナーの浮気で離婚する場合、離婚後はいままでの生活と比べて苦しくなる可能性があります。

パートナーの浮気で離婚後に生活が苦しくなる場合

特に、パートナーが働きに出ていて自分は働いていないという場合だと、職を見つけなければいけないので、場合によっては慰謝料無しでは生活できない可能性があります。

この要素も慰謝料相場増額に関係があり、「自分自身の生活が離婚の有無で大きく変わるか変わらないか」でも判断できます。

もちろん、これらの浮気で離婚する慰謝料相場は参考程度の金額なので、慰謝料を多めに請求することも可能です。

相手が「金額が多い!」と言ってきたら裁判や調停になるかもしれませんが、条件を飲んでくれたら、高めに設定したその金額が慰謝料となります。

浮気の慰謝料相場は離婚しない場合どのくらいか

浮気の慰謝料相場で離婚しない場合について紹介します。

浮気の慰謝料相場は離婚しない場合どのくらいか

浮気の慰謝料相場の離婚しないケースだと、約50万円程度と金額は下がってしまいます。

離婚する場合と比べて、浮気の慰謝料相場が離婚しない場合に下がってしまう理由は「離婚に至るまでには傷ついていないから」と判断されてしまうからです。

傷ついたとはいえ、今まで通り婚姻関係を結ぶことはできているので、関係は修復可能だと判断されるのだと考えてください。

離婚はしないけど別居する場合

浮気の慰謝料相場で離婚しないケースで慰謝料が増額する可能性があるものは、「離婚はしないけど別居する」ことにした場合です。

離婚はしないけど別居する場合

これもケースによって慰謝料相場も変わってきますが、おおよそ「100万円程度」が、浮気の慰謝料相場の「離婚しないけど別居する場合」の金額となります。

少なくとも「今は一緒にいたくない」という理由で別居を選択したわけなので、浮気の慰謝料相場はただ離婚しないだけの状態と比べたら高くなってしまいます。

もちろん、お互いの関係を修復する上で「制裁の有無」は大きな要因となります。例えば、「慰謝料を請求されたからもうどうでもいい」と考えて、離婚しない場合でも反省しない人だっています。

パートナーにこのような状態になってもらわないためにも、浮気の慰謝料相場に関係なく「離婚しないから請求しない」という選択肢もあります。

旦那の浮気の慰謝料相場はどのくらいか

旦那の浮気の慰謝料相場はどれくらいなのかを紹介します。

旦那の浮気の慰謝料相場はどのくらいか

旦那の浮気の慰謝料相場は、「200万円から300万円」となっています。

大抵の場合は旦那が働きに出ている場合が多いので、旦那には「慰謝料の支払い能力がある」と判断されるケースが多いのです。

 

そのため、ほんの少しだけですが、妻の場合よりも、旦那の浮気の慰謝料相場の方が高くなるのだと考えてください。

もちろん、そのケースや請求した慰謝料金額にもよるので、この旦那の浮気の慰謝料相場もおおよその参考程度にしかなりません。

旦那に慰謝料支払い能力がない場合……

万が一、旦那に慰謝料支払い能力がない場合は、一括ではなく分割で支払ってもらうことも可能です。

旦那に慰謝料支払い能力がない場合……

お金が一切ない旦那相手にも、最終的には旦那の浮気の慰謝料相場程度の金額は払ってもらえるのだと考えてください。

また、旦那の場合は妻と比べると、「普通のケース」と判断できるものが多いです。

女性の場合なら浮気相手に入れ込んで愛してしまう場合が多いのですが、旦那の場合は「遊び」と割り切ったケースが多いからです。

その部分を加味して考えると、旦那の浮気の慰謝料相場は少しだけ下がってしまいます。

もちろん、相手の女性を妊娠させてしまった、長期間裏切り行為をしていたなど、悪質だと判断された場合は、普通のケースとは判断されません。

妻の浮気の慰謝料相場はどのくらいか

妻の浮気の慰謝料相場について紹介します。

妻の浮気の慰謝料相場はどのくらいか

妻の浮気の慰謝料相場は、おおよそ「200万円から300万円」です。

金額だけ見れば旦那の慰謝料相場と変わりませんが、場合によっては妻に浮気の慰謝料相場ほど支払い能力がないからと、旦那が妥協してしまうケースもあり得ます。

そのため、ほんの少しだけ妻の浮気の慰謝料相場・平均額は下がってしまっていると考えても構いません。

もちろん、妻に浮気の慰謝料相場くらいの金額を支払うくらいの能力がなかったとしても、制裁を加えるという意味で、相場以上の慰謝料を請求することも可能です。

妻が慰謝料金額に同意しなかった場合は調停等で争う必要性が出てきますが、金額に同意した場合は、妻はその浮気の慰謝料相場通りの金額を支払わなければなりません。

もし子供が浮気相手との子だったら……

妻の場合は「相手に本気になる」ケースが旦那よりも多いといわれます。

もし子供が浮気相手との子だったら……

そのため、妻の場合はより悪質なものになりやすく、最悪のケースだと「自分が育てていた子供が浮気相手との子供だった」という事態も考えられます。

この場合だと、妻の浮気の慰謝料相場よりも高い金額を妻に請求できます。

子供のことを考えると心苦しいかもしれませんが、妻の浮気で離婚する際に子供がいた場合は、子供のDNA鑑定も一緒に行っておくことをおすすめします。

浮気の慰謝料の相場が高額になるケースとは

浮気の慰謝料相場が高額になるケースについて紹介します。

浮気の慰謝料の相場が高額になるケースとは

浮気の慰謝料の相場が高額になるケースは、例えば「期間が長い」「共有財産を貢いで使い込んでいた」「浮気相手の子を妊娠した(妊娠させられた)」等の悪質な場合です。

裏切り行為の期間が長い場合は、その分精神的苦痛は高いと判断され、浮気の慰謝料の相場よりも高額請求できる可能性は高くなるでしょう。

共有財産を貢いで使い込んだ場合は、「慰謝料を支払う」というよりも「使い込んだ金額を返済する」という形の支払いとなります。

そのため、浮気の慰謝料相場の高額化とは厳密に言えば関係はありません。

ただし、最終的に手元に返ってくる金額は、普通の場合と比べたら高額になりがちです。

妊娠が絡む場合

浮気相手の子を妊娠した(相手から妊娠させられた)という場合も浮気の慰謝料相場は高額になります。

浮気で妊娠が絡む場合

さらに、妻が浮気して妊娠した場合は、その子供は浮気相手の子だと判断されるので、養育費の支払いの必要もありません。

旦那が浮気相手を妊娠させた場合は、そもそも妊娠された子は自分とは何の関係もありませんが、旦那は浮気相手の子の養育費まで支払わないといけなくなります。

自分への浮気の慰謝料相場が高額になることはありませんが、旦那には普通のケースよりも金銭的制裁はできたと判断して構わないでしょう。

自分がされた行為が悪質かどうかわからない場合は、弁護士に相談してみて、浮気の慰謝料相場よりも高額請求できるかを考えてみてください。

 

 

そもそも浮気の慰謝料はどのような場合に請求できるのでしょうか?

また、浮気といっても、いったいどこから慰謝料が発生すると考えられるのでしょうか。

浮気や不倫の慰謝料についてはこちらの記事に詳しくまとめていますよかったらチェックしてみてください。

↓↓↓

浮気(不倫)慰謝料の計算方法!証拠や時効、相場やどこから発生するかなど総まとめ

こちらの記事には、浮気の慰謝料の相場や計算方法はもちろん、慰謝料の時効や請求期限、慰謝料請求を離婚せずに行えるかなど、浮気の慰謝料全般について詳しくまとめました。

浮気されて慰謝料請求をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

婚約中の浮気の慰謝料相場はどのくらい?

婚約中の浮気の慰謝料相場について紹介します。

婚約中の浮気の慰謝料相場はどのくらい?

婚約中の浮気の慰謝料相場は、おおよそ「50万円」となっています。

ただし、婚約中の浮気の慰謝料相場通りの金額を請求するには、いくつかの条件が必要です。

この条件も明確化されているわけではありませんが、下記の条件に当てはめてみる必要はあると考えてください。

・周囲の人間が婚約したことを知っている(両親・親族など)
・誰が見ても婚約したという状態である(婚約指輪を貰った等)
・結婚式を挙げる予定だった

これらの条件を満たさず慰謝料を請求することは基本的には難しく、客観的に見て「本当に婚約していたかどうかがわからない」のが理由です。

両親や親族まで結婚のことを知っていたのであれば、まず結婚はするものだと判断されます。

それなのに婚約中に浮気されたので、慰謝料相場も精神的苦痛分だけ上がってしまいます。

婚約指輪を貰った場合も、そのパートナーは結婚する気満々だったということなので、慰謝料請求そのものは可能です。

ただし、他の2つの要因よりは弱い要因なので、婚約中の浮気の慰謝料相場よりは慰謝料を貰えない可能性もあります。

結婚式を挙げる予定だった場合は、婚約中の浮気の慰謝料相場とプラスして、結婚式のキャンセル料もパートナー負担となる可能性が高いです。

キャンセル料がパートナー負担となるのは結婚式だけでなく、新婚旅行や新婚住居等も該当します。

ただしこれには多少の条件があり、なおかつ離婚した場合の慰謝料相場よりも低くはなりますが、婚約中に浮気された場合も慰謝料請求は可能だと知っておきましょう。

浮気の慰謝料相場は婚約破棄に至った場合どのくらい?

浮気の慰謝料相場は婚約破棄に至った場合はどのくらいになるのかを紹介します。

浮気の慰謝料相場は婚約破棄に至った場合どのくらい?

浮気の慰謝料相場は婚約破棄に至った場合、おおよそ「50万円から100万円」となっています。

もちろんこれもケースによりますので、必ずこの通りの金額を獲得できるわけではありません。

例えば、請求額を200万円にした結果、パートナーがすんなり払ってくれるようなケースも考えられます。

このような場合まで考えると、浮気の慰謝料相場で婚約破棄に至った場合の金額も、あくまで参考程度だとわかります。

婚約破棄したということは、一定以上の精神的苦痛を感じたということになります。

そのため、浮気の慰謝料相場は婚約破棄に至らなかった場合と比較したとき、その分金額も増額されます。

婚約中に浮気されて婚約破棄しないケースはまれ

ただし、婚約中に浮気された場合は、大抵の人が結婚を考え直します。

婚約中に浮気されて婚約破棄しないケースはまれ

つまり、婚約破棄するケースの方が多いということです。

「婚約して浮気されたけど婚約破棄しない」というケースの方が珍しいといえるでしょう。

その点を考えると、婚約中の浮気の慰謝料相場としては、婚約中に浮気された慰謝料相場とされる「50万円」よりも、「50万円から100万円」という金額の方が理にかなっているといえます。

浮気の慰謝料相場は婚約破棄した場合だと金額も上がりますが、自分が妊娠していた場合やでき婚で出来た子供が自分の子供でなかった場合は、それよりもより多くの慰謝料を獲得できます。

浮気の慰謝料相場は未婚だとどうなる?

浮気の慰謝料相場は未婚だとどうなるのかを紹介します。

浮気の慰謝料相場は未婚だとどうなる?

浮気の慰謝料相場で未婚の場合についてですが、法律的に考えると未婚の場合は、そもそも「慰謝料請求が難しい」とされています。

問題となるのは「浮気」の概念で、一般的に同じ意味で使われる「不貞行為」は、法律的に「夫婦である」ことが前提だからです。

夫婦でない以上は、浮気の慰謝料請求は難しいと考えてください。

ただし、恋人同士のケースの場合は、「内縁」に関しては話が別となります。

そのケースを紹介します。

内縁関係にあれば慰謝料請求できる場合もある

内縁(事実婚)の場合も婚姻関係を結んではいないので、法律上は未婚という扱いになります。

内縁関係にあれば慰謝料請求できる場合もある

しかし、内縁や事実婚の場合は、パートナーと生計を共にしていることになります。

浮気されて別れるとなった場合、自分自身の生活は大きく変わってしまうことが予想できます。

この場合は、浮気の慰謝料請求を未婚の場合でも行うことができます。

ただし、浮気の慰謝料相場通りの金額を未婚で貰うには「未婚だけど内縁の関係にある」ということを証明する必要があります。

例えば、財産共有の証拠や住所が全く同じの住民票、親族等の内縁証明などです。

これらを証明することができれば、浮気の慰謝料相場通りの金額を未婚でも請求できるでしょう。

具体的な金額はケースによって様々ですが、おおよその浮気の慰謝料相場は「200万円から300万円」となります。

浮気の慰謝料相場は浮気相手に請求する場合どのくらい?

浮気の慰謝料相場は浮気相手に請求する場合はどのくらいになるのかを紹介します。

浮気の慰謝料相場は浮気相手に請求する場合どのくらい?

浮気の慰謝料相場は浮気相手に請求する場合、おおよそ「200万円から300万円」となります。

パートナーに請求するのと変わらないくらいの金額を請求すること自体は可能ですが、万が一「パートナーから充分な金額を慰謝料として受け取ることが確定している」場合は、浮気相手の慰謝料相場も下がってしまいます。

そのため、相場の200万円から300万円よりは少し下がってしまう可能性があることだけは注意しておいてください。

もちろん、弁護士立ち合いの元で証拠の証明書等を作成し、浮気相手に慰謝料請求の金額通り払ってもらうよう請求すれば、基本的にはその請求金額通り支払ってもらえます。

 

浮気相手に慰謝料請求したい場合の相場や請求方法についてはこちらの記事にさらに詳しく書きました。よかったらチェックしてください!

↓↓↓

浮気相手に慰謝料請求したい!相場や証拠・契約書で高額請求する方法

上の記事では、浮気相手に慰謝料請求する場合の証拠として使えるものと使えないもの、高額請求のための契約書作成方法など、知っておくべきことを詳しくまとめています。

 

また、浮気慰謝料を浮気したパートナーの相手(浮気もしくは不倫相手)のみに請求できるかどうかについてはこちらの記事に詳しくまとめました。

↓↓↓

浮気の慰謝料を相手だけに請求できる?婚約や離婚でどう変わるか

こちらの記事では、妻の浮気、夫の浮気、婚約中の婚約者の浮気など、ケース別でも詳しく書いています。

浮気相手に慰謝料請求をしたい!と考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

浮気相手が既婚者だった場合

浮気相手が既婚者だった場合は、その相手が結婚していたパートナーにも慰謝料を支払う必要が発生します。

浮気相手が既婚者だった場合

だからといってこちらの浮気慰謝料が相場よりも安くなることはなく、浮気相手に請求する場合と同程度の金額を請求できます。

浮気相手になんらかの制裁をしたいと考えているのであれば、相手の立場がどうなろうが、弁護士との相談の元決められた金額通り請求してください。

 

浮気の慰謝料相場まとめ

浮気の慰謝料相場についてまとめました。

相場まとめ

浮気の慰謝料相場には明確な計算方法や計算基準は作られていません。

あくまでも「似たようなケースだとどのくらいの浮気の慰謝料相場となるのか」という判断基準だと考えてください。

パートナーが浮気をした場合は、自分のケースの浮気の慰謝料相場はどのくらいなのかをあらかじめ把握することが大切です。

 

とはいっても、ケースによって慰謝料金額はバラバラですので、弁護士に「浮気の慰謝料相場は今回のケースだとどのくらいか」を聞いておいた方がいいでしょう。

自分が雇っている弁護士が適切な金額を算出してくれて、浮気の慰謝料相場かそれより少し高いくらいの金額を請求してくれます。

-浮気慰謝料

Copyright© うわき屋本舗 , 2020 All Rights Reserved.