浮気(不倫)慰謝料の相場や計算方法!

浮気慰謝料

浮気(不倫)慰謝料の相場や計算方法!証拠や時効、どこから発生するかなど総まとめ

投稿日:

浮気(不倫)の慰謝料相場や計算方法を徹底解説!

旦那(妻)に浮気(不倫)されて離婚する場合は、やはりそれ相応の慰謝料を取っておきたいですよね。

しかし、浮気(不倫)の慰謝料についての知識がないと、気づかぬうちに損してしまうかもしれません!

浮気(不倫)の慰謝料総まとめをチェックして、少しでも詳しくなることをおすすめします!

浮気(不倫)の慰謝料は証拠がなくても請求できる?

浮気(不倫)の慰謝料は証拠がなくても請求できるのか紹介します!

浮気(不倫)の慰謝料は証拠がなくても請求できる?

浮気(不倫)の慰謝料は証拠がなかったとしても請求することはできます。

例えば、配偶者との話し合いで浮気(不倫)したことを自白させ、そのまま弁護士等を通さず慰謝料を受け取る場合に関しては有効です。

この場合は話し合いでお互いが納得しているので、慰謝料の受け渡しも自分たちで取り決めることができるでしょう。

注意点

しかし、これが法律に基づいた裁判や調停となった場合、浮気(不倫)の証拠なしで慰謝料を獲得するのは一気に難しくなります。

裁判や調停で証拠がないのは不利

万が一浮気(不倫)の証拠がないまま裁判や調停にもつれ込んだとしても、浮気(不倫)があったと客観的に判断させることは難しいです。そのため、どうしても裁判や調停で不利になってしまうでしょう。

裁判や調停で証拠がないのは不利

配偶者が一度浮気(不倫)を口頭で認めたとしても、慰謝料を払いたくないために弁護士を雇って、証拠が少ないせいでこちらが泣き寝入りせざるを得ない可能性まで考えられます。

浮気(不倫)の慰謝料は証拠がなくても請求することはできるとはいえ、証拠があるに越したことはありません!

ポイント

最終的に裁判に持ち込んででも離婚したい、少しでも多くの慰謝料を取りたいと思っているのでしたら、充分な浮気(不倫)の証拠を持っておくようにしてください!

浮気(不倫)の慰謝料の相場!高額になるのはどんなケース?

浮気(不倫)の慰謝料の相場について紹介します!慰謝料が高額になるのはどのようなケースかも見ていきましょう!

浮気(不倫)の慰謝料の相場!高額になるのはどんなケース?

浮気(不倫)の慰謝料の相場は、おおよそ「200万円から300万円(離婚した場合)」です。

離婚には至らず、別居や夫婦生活を続けるという結論になった場合、慰謝料は減額されます。

もちろん、この200万から300万円という金額はあくまでも「相場」ですので、浮気(不倫)の慰謝料が500万円になることや、慰謝料ナシになることだってあり得ます。

「離婚するけど慰謝料を請求しない」という選択をする人だっているので、浮気(不倫)の慰謝料は平均金額を出しにくいと言われていました。

浮気(不倫)の慰謝料が高額になるケース

浮気(不倫)の慰謝料が高額になるケースについても紹介します。

浮気(不倫)の慰謝料が高額になるケース

浮気(不倫)の慰謝料が高額になるケースは「浮気(不倫)が悪質だった場合」です。

例えば、長期間に渡って浮気(不倫)していたり、不貞相手が妊娠(もしくは配偶者が不貞相手の子供を産む等)していた場合だと考えてください。

慰謝料とは、精神的苦痛を受けた度合を金額によって表わすものなので、浮気(不倫)が悪質でより自分が傷ついたと判断されれば、増額される可能性はあります。

もちろん、慰謝料を高額にするためには、浮気(不倫)の確実な証拠は絶対に必要です!

浮気(不倫)の慰謝料の計算方法

浮気(不倫)の慰謝料の計算方法について紹介します!

浮気(不倫)の慰謝料の計算方法

浮気(不倫)の慰謝料の計算方法は、明確化されていません。

いわゆる「個人の裁量で決められる」ものだと考えてください。

元々慰謝料は「被害者が受けた精神的苦痛を金額化したもの」ですが、どのような精神的苦痛を受けたら100万円といった法律はありませんよね。

そのため、浮気(不倫)の場合も、計算方法と呼ばれるものは存在しません。

もちろん、浮気(不倫)の慰謝料のおおよその相場というものは設定されているので、この金額を基準にしてどの程度の慰謝料が支払われるかが最終的に決まります。

浮気(不倫)した側が条件を飲みさえすれば、極端な例ですが慰謝料1000万円もありえるかもしれません!

弁護士に慰謝料相場を相談しよう

無理して浮気(不倫)の慰謝料の計算方法を探そうとするのではなく、素直に弁護士から自分と似たようなケースだと慰謝料がどのくらいになるかを聞いたほうがいいです。

弁護士に慰謝料相場を相談しよう

弁護士が、裁判や調停になった場合に取れるであろう慰謝料を計算してくれるので、それより大きい金額を相手に請求するようにしてください。

ポイント

計算方法というよりも、過去の判例から算定して出された金額が、浮気(不倫)された場合に獲得できる慰謝料であると考えて構いません。

浮気(不倫)の慰謝料はどこから発生する?

浮気(不倫)の慰謝料はどこから発生するかを紹介します。

浮気(不倫)の慰謝料はどこから発生する?

浮気(不倫)とは、「結婚しているのに他の異性と不貞行為を働くこと」ですよね。

ここでいう不貞行為とは、「性行為」のことです!

そのため、浮気(不倫)の慰謝料は相手と性行為をしたら発生するものだと考えてください。

注意点

結婚しているのに他の異性とデートしたりキスすることも許されはしないのですが、それだけでは離婚の理由としては弱く、浮気(不倫)とみなされない場合も多いです。

ふたりきりで「どこにいたか」も重要

どこから発生するかという基準が例外となる場合もあります。

ふたりきりで「どこにいたか」も重要

例えば、配偶者が異性とふたりきりで居たとして、「どこにいたか」も重要となるでしょう。

性行為をする場所であるラブホテルにいた場合などは、キスやデート等、どこから慰謝料が発生するかは関係なく、不貞行為をはたらいたとみなされます。

浮気(不倫)を理由に離婚することも、慰謝料を取ることもできるでしょう。

逆に、浮気(不倫)相手の自宅で会っていた場合は、慰謝料がどこから発生するかは大切な問題となります。

浮気(不倫)を認めた場合はもちろん慰謝料は発生しますが、相手の家にいたというだけでは、不貞行為を行っているとは限りませんよね。

そのため、浮気相手の自宅に行ったという証拠でなく、「浮気相手と配偶者の関係」をはっきりさせなければいけません。

浮気(不倫)の慰謝料請求を弁護士に相談する方法

浮気(不倫)の慰謝料請求を弁護士に相談する方法について紹介します。

浮気(不倫)の慰謝料請求を弁護士に相談する方法

浮気(不倫)の慰謝料を請求するという場合は、必ず弁護士に相談するようにしてください。

もしかしたら裁判に発展するかもしれないので、弁護士を雇って裁判に備えておくことは大切ですよね。

浮気(不倫)の慰謝料を請求する場合は、まずは「無料の弁護士相談」を活用するといいでしょう。

弁護士事務所によっては「30分の相談なら無料」といったように、無料の相談時間を設定している場合もありますので、このような条件を設定している弁護士を探しましょう。

弁護士の探し方についてですが、できるだけ浮気(不倫)の慰謝料獲得に強い弁護士を探したいので、インターネット等でよく調べておくようにしてください。

弁護士事務所に所属する弁護士の専門が浮気(不倫)なのかをチェックすれば問題はないでしょう。

浮気(不倫)が発覚して弁護士に相談して慰謝料を獲得するまでに、もしかしたら調停や裁判に発展するかもしれません。

例えば、配偶者が慰謝料を払いたくないと言ってきた場合(訴える側と訴えられた側の意見が違う場合など)は、ほぼ間違いなく調停や裁判となるでしょう。

もしかしたら、長期に渡って浮(不倫)の慰謝料獲得のために弁護士と話さなければいけなくなるかもしれません。

ただし、裁判や調停に発展せず話し合いで済んだ場合は、すんなり浮気(不倫)の慰謝料を獲得できる可能性はあります。

浮気(不倫)の慰謝料に時効はある?請求期限はいつまで?

浮気(不倫)の慰謝料に時効はあるか見ていきましょう!

浮気(不倫)の慰謝料に時効はある?請求期限はいつまで?

浮気(不倫)の慰謝料にも時効は存在します。

「相手の不貞行為から20年経過」と「あなたが不貞行為を知ってから3年間」が、浮気(不倫)の慰謝料請求期限と設定されています。

例えば、25年前の浮気(不倫)を今になって訴えることはできませんし、一度不貞行為を許して4年後に気が変わって慰謝料を請求することもできません。

要するに、浮気(不倫)の慰謝料を獲得したい場合は、できる限り早めに行動したほうがいいということです。

とはいえ、配偶者の浮気(不倫)を知ってから3年は猶予があります。

浮気(不倫)が発覚してからすぐに弁護士を雇えば、慰謝料の時効や請求期限切れになるということはまずあり得ません。

弁護士も浮気(不倫)の慰謝料請求に関する時効や請求期限について熟知しているからです。

時効や請求期限が過ぎたら慰謝料はどうなるか

浮気(不倫)の慰謝料の時効・請求期限が過ぎて慰謝料を貰いたいという場合は、ほぼ不可能だと考えてください。

時効や請求期限が過ぎたら慰謝料はどうなるか

万が一、慰謝料請求時に相手が弁護士を雇っていなかった場合は、相手が知識不足であるおかげで、慰謝料を払ってくれる可能性もあります。

相手が弁護士を雇った場合は、相手も「浮気(不倫)の慰謝料請求期限・時効が過ぎている」と理解するはずなので、慰謝料獲得は不可能となるでしょう。

浮気(不倫)の慰謝料を不貞相手に請求するには

浮気(不倫)の慰謝料を不貞相手に請求する場合について紹介します。

浮気(不倫)の慰謝料を不貞相手に請求するには

もし、浮気(不倫)の慰謝料を配偶者には請求せず、不貞相手にだけ請求するのであれば、慰謝料請求は可能です。

主に離婚せず夫婦関係を継続する選択をした場合は、この条件に当てはまるでしょう。

自分が浮気(不倫)されて精神的苦痛を受けたことは間違いなく、不貞相手は「加害者」に該当します。

そのため、慰謝料を受け取ることができてもおかしくはありませんよね。

浮気(不倫)の慰謝料を配偶者と不貞相手に請求したい場合も、おおよそ慰謝料を獲得することはできます。

不貞相手への慰謝料請求可否は状況によって異なる

ただし、客観的に見て「配偶者から充分な慰謝料を受け取っている」と判断された場合は、慰謝料を請求できない(請求しても調停・裁判で負けてしまう)可能性はあります。

不貞相手への慰謝料請求可否は状況によって異なる

もし、慰謝料を貰った理由が浮気(不倫)だけでなく、暴力やハラスメント等他の理由があった場合は、不貞相手にも慰謝料を請求できるかもしれません。

注意点

しかし、婚姻関係が破綻寸前だったり、不貞相手が配偶者のことを既婚とは知らなかった場合は、慰謝料を獲得できない可能性があります(請求そのものは可能です)。

不貞相手から浮気(不倫)の慰謝料を獲得する場合は、当然ながら「不貞相手が誰か」もはっきりさせておく必要があります。

配偶者が誰か教えてくれない可能性まで考え、探偵事務所で不貞相手の素性を明らかにしてもらった方がいいでしょう。

浮気(不倫)の慰謝料請求を離婚しないで行える条件や方法

浮気(不倫)の慰謝料請求を離婚しないで行える条件や方法について紹介します!

浮気(不倫)の慰謝料請求を離婚しないで行える条件や方法

浮気(不倫)の慰謝料請求を離婚しないで行うことはできます。

条件も特に必要なく、「精神的苦痛を受けた」と感じたら慰謝料を獲得することもできるでしょう(もちろん弁護士の力は必要です)。

そもそもの話ですが、浮気(不倫)の慰謝料と離婚には特になんの関連性はありません。

精神的に苦痛を受けたと感じたら請求できる権利があるので、「離婚しないけど辛い思いをした」というのであれば、慰謝料を請求できたとしても特におかしくはありませんよね。

浮気(不倫)されても離婚しない場合の慰謝料請求方法も同じで、まずは弁護士に相談してください。

離婚することはないので大抵調停・裁判にはなりませんが、当事者同士で話し合いが行われ、慰謝料が支払われることになるでしょう。

離婚しない場合の慰謝料金額

離婚しない場合の慰謝料金額についてですが、やはり、浮気(不倫)の一般的な慰謝料相場よりは金額が下がってしまいます。

離婚しない場合の慰謝料金額

その理由としては、「浮気(不倫)はあったものの離婚はしていないから、精神的苦痛はそこまで大きくない」と判断されてしまうからです。

そのため、離婚をしないという選択をした場合は、高額な慰謝料請求は諦めて、関係修復に力を入れたほうがいいでしょう。

浮気(不倫)の慰謝料は恋人や未婚状態でも請求できる?

浮気(不倫)の慰謝料は恋人や未婚状態でも請求できるのか紹介します。

浮気(不倫)の慰謝料は恋人や未婚状態でも請求できる?

浮気(不倫)の慰謝料は、恋人や未婚状態では請求することはできません!

恋人が浮気(不倫)したことはショックかもしれませんが、浮気(不倫)の慰謝料は「婚姻関係」であることが前提だから、慰謝料請求までは至らないのでしょう。

しかし、恋人や未婚状態だったとしても、浮気(不倫)の慰謝料を請求できるケースもあります。

例えば「のちのち結婚するとされていた婚約状態」であれば、結婚したものと同じだと判断されます。

婚約していることを証明するものが必要なので、例えば両親の証言や婚約指輪の有無を確認してください。

また、昨今では結婚していなくとも家計を共にする「事実婚」を選択するカップルもいます。

彼ら(彼女ら)も恋人や未婚状態に該当しますが、事実婚の場合も慰謝料を請求することは可能です。

なぜなら、家計を共にしていた相手が浮気(不倫)して離婚するのであれば、自分の生活が180度変わってしまうからです。

事実婚の場合も結婚しているとみなされ、浮気(不倫)の慰謝料請求対象となります。

注意点

もちろん、恋人や未婚状態で浮気(不倫)の慰謝料を請求する場合でも、裁判や調停で勝てる浮気(不倫)の証拠は必要です!

浮気(不倫)の慰謝料のまとめ

浮気(不倫)の慰謝料についてまとめました!

浮気(不倫)の慰謝料のまとめ

まず、浮気(不倫)が発覚したら慰謝料を請求することができます。

しかし、確かな浮気(不倫)の証拠は絶対に必要なので、探偵を雇う等して、浮気(不倫)の証拠をまとめて配偶者に提出してください。

ポイント

証拠さえあれば離婚もできますし、裁判や調停でも常に自分が有利な状態で進めることができます。

最終的には、離婚(不倫)の慰謝料獲得まで行きつくでしょう。

万が一浮気(不倫)の証拠がなかったとしても、浮気(不倫)の慰謝料を獲得することができるか、探偵や弁護士に相談してみてください。

彼らが現状をまとめた結果、慰謝料獲得できるか考えてくれます!

泣き寝入りする必要はないので、徹底的に争う姿勢を見せるようにしてください!

-浮気慰謝料

Copyright© うわき屋本舗 , 2019 All Rights Reserved.