浮気チェック方法

旦那の浮気の証拠がない!?慰謝料請求・離婚が有利になる集め方5選

投稿日:

旦那の浮気の証拠の集め方をチェックしましょう!

ラインは証拠になるのか、探偵を使うメリット・デメリット、実際にどんな種類の証拠が必要になるのかなどについて詳しくまとめました。

旦那の浮気の証拠がないと慰謝料請求できない!?証拠を集める必要性とは

旦那の浮気の証拠がない場合でも慰謝料請求はできるの?

旦那の浮気の証拠を集める必要性はどの程度なのか、詳しくまとめました!

旦那の浮気の証拠がないと慰謝料請求できない!?証拠を集める必要性とは

まず、旦那の浮気の証拠がはっきりとない場合でも、慰謝料請求をすること自体は可能です。

しかし、旦那にも浮気相手にもしらを切られてしまえば、残念ながら慰謝料請求をしても慰謝料の支払い義務が発生することは少なくなります。

旦那や浮気相手に証拠を突き付けて慰謝料請求をするためにも、証拠は必要になります。

慰謝料支払いが生じる2つのケース

旦那や浮気相手が慰謝料を支払う場合の状況は2つ考えられます。

慰謝料支払いが生じる2つのケース

1つ目のケースは、こちらが慰謝料請求をした時点や弁護士からコンタクトを取ってもらった段階で慰謝料を支払うと了承した場合。

法的には効力がそれほど強くないメールの履歴や通話履歴のみでも、自白してくれた場合にはこの段階で慰謝料の支払いが発生します。

そしてもう1つのケースは、裁判所などで法的手続きにのっとって争った場合です。

メールや通話履歴だけでは弱く、旦那と浮気相手が不貞行為をしていたという写真や動画などの証拠が必要になります。

自白が取れなかった場合、法的手続きにのっとって慰謝料請求をする場合には、より強い証拠が必要となります。

旦那の浮気の証拠の集め方!自分で証拠を集める場合の注意点

旦那の浮気の証拠の集め方についてまとめました!まずは、自分で証拠を集める時の注意点について紹介します。

旦那の浮気の証拠の集め方!自分で証拠を集める場合の注意点

旦那が浮気していると疑って弁護士に相談をしようと考えた場合、まずは自分でできるだけ証拠を集めたいと考える方も多いと思います。

旦那の浮気の証拠を自分で集める時にはまず、集める証拠の種類をいくつかに絞りましょう。

例えば携帯のメール画面、携帯の中にある2人で仲良く写っている写真、通話の履歴画面などは、旦那の携帯の画面を撮影するなどの方法でできるため、自分でも集めやすいです。

他には旦那の捨てたごみなどをチェックして、ホテルなどの領収書を集めてしまうのもおすすめです。

旦那の浮気の証拠集めの注意点

旦那の浮気の証拠の集め方自体は難しくないですが、いくつか注意点もあります。

旦那の浮気の証拠集めの注意点

まずは、ばれないようにすること。ばれてしまうと逆切れされたり、次はもっと巧妙に証拠を隠して浮気をするかもしれません。

他には、証拠を集めたと思っても裁判で使うには弱く、決定的な証拠とならない場合もあります。

法律に詳しくない一般の方は、役に立つ証拠とそうではない証拠の区別がつきにくく、手間や時間をかけても役に立つ証拠をあまり集められないという可能性もあります。

旦那の浮気の証拠の集め方!探偵に依頼するメリット・デメリット

旦那の浮気の証拠の集め方で探偵に依頼する場合のメリットとデメリットを紹介します。

旦那の浮気の証拠の集め方!探偵に依頼するメリット・デメリット

旦那の浮気の証拠の集め方として、探偵に依頼する方法があります。

探偵に依頼すればプロの手法で有利な証拠を短期間で効率よく集めることができます。

旦那の浮気の証拠を集める時に探偵に依頼するメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

探偵に依頼するメリット

旦那の浮気の証拠集めを探偵に依頼するメリットには、なんといっても質の高い証拠が集まりやすい点があります。

探偵に依頼するメリット

探偵に頼むと、旦那と浮気相手でホテルに出入りしている写真、実際の性行為中の写真などをおさえられる可能性が高いです。

不貞行為をしているという直接的な証拠は、裁判においても提出可能な有力な証拠となります。

これをおさえられたかどうかで裁判の結果が変わってくるのでとても重要です。

探偵に依頼するデメリット

では、旦那の浮気の証拠を集める時に探偵に依頼するデメリットはあるのでしょうか。

探偵に依頼するデメリット

残念ながら、探偵に依頼するとお金がかかってしまいます。

探偵の相場は1時間で2万円ともいわれています。スムーズに証拠が集まればいいですが、証拠が集まらない場合、お金ばっかりかかってしまうという可能性もあります。

そのため、まずは料金体系がしっかりしていて信頼できる探偵会社を探す必要性があります。

旦那の浮気の証拠つかめない場合の対処法とやってはいけないこと

旦那の浮気の証拠がつかめない場合の対処法と、その時にやってはいけないことについてまとめました!

旦那の浮気の証拠つかめない場合の対処法とやってはいけないこと

旦那の浮気の証拠がつかめない場合には焦りますよね。証拠はないけれど、今日も旦那と浮気相手は仲良くしているのかと思って生活を続けるのは、とても辛いと思われます。

焦って行動してしまいそうになりますが、旦那の浮気の証拠がつかめない時にやってはいけないことを見ていきましょう。

まず、一つ目は旦那の浮気を問い詰めることです。

証拠が少ない段階で旦那の浮気を問い詰めてしまうとしらを切られてしまいます。

しらを切られるだけではなく、旦那側に「妻は自分の浮気に気づいてはいるけれど証拠はないんだな」という情報を与えてしまいます。

二つ目のやってはいけないことは、証拠を欲するあまり過激な手段に出ることです。

自分ひとりで張り込みなどをして浮気の証拠を集めるのは無謀です。張り込みがばれてしまう恐れもあります。

また、違法行為をして証拠を集めるのもやってはいけません。違法行為をして得た証拠は法的根拠がないからです。

三つ目は証拠が出ないからといって諦めること。個人で戦うのが辛いのであれば、探偵や弁護士に相談してチームで証拠をつかみましょう。

旦那の浮気でラインは証拠になるのか

旦那の浮気でラインは証拠となるのか、どんなラインが証拠になるのかについて詳しく紹介します!

旦那の浮気でラインは証拠になるのか

最近はメールではなく、もっぱらラインを使う方も多いですよね。

そんなラインが旦那の浮気の証拠になるのか気になっている方も多いと思います。

結論からいうと、ラインが旦那の浮気の証拠になる場合もあります。

しかし、いくつか注意するポイントがあります。詳しく見ていきましょう。

まず、不貞行為の証拠をはっきりとつかむ必要があります。

旦那の浮気の証拠として浮気相手と肉体関係があったと判断できるラインが必要になります。

例えば、実際にラブホテルで会う約束や泊りで会う約束をしている、直接的な表現をしている場合には、ラインのトーク履歴も証拠として使えます。

裸で抱き合っている写真やホテルに2人でいる証拠も使えます。

 

そして、ラインを旦那の浮気の証拠として使う場合にもう一つ注意しておきたいのは、個人を特定する必要があることです。

ラインはSNSであり匿名性が高いので、証拠として使うには個人を特定したいところです。

例えばアカウントのアイコンを顔写真にしている場合には、アカウント名と顔写真をセットで画像として保存しておくのも有効です。

旦那の浮気で慰謝料請求できる証拠とは

旦那の浮気で慰謝料請求できる証拠についてまとめました!

旦那の浮気で慰謝料請求できる証拠とは

旦那の浮気で慰謝料請求をしたいと考えた時には、証拠の種類に注意する必要があります。

というのも、旦那の浮気の証拠によっては、慰謝料請求をするにも効力が弱いものがあるからです。

いくつか確認していきましょう。

第三者が見ても不貞行為とわかる証拠

まず根本的に証拠は、第三者が見ても不貞行為があったと判断される証拠でないと、裁判など法的手続きを踏んだ際には慰謝料請求が難しいです。

第三者が見ても不貞行為とわかる証拠

不貞行為があった証拠とは、例えばラブホテルに入っていく姿を撮った写真、互いの家を行き来し泊まっていたとわかる証拠、旅行などに行った証拠、実際に性行為をしている写真などです。

これらの証拠は、一般人であり旦那に顔を良く知られている妻自身が集めるには、少し難しい証拠かと思われます。

自白による反省文や謝罪文もおすすめ

妻自身が旦那の浮気の慰謝料請求ができる証拠を作りたいのであれば、反省文や謝罪文がおすすめです。

自白による反省文や謝罪文もおすすめ

これらのものは自白しないと出てこない証拠であり、根拠が強いと言われています。

また、慰謝料請求の場合、旦那や浮気相手が自白をすると、法的手続きをしなくても慰謝料請求の話し合いができます。

法的に強い証拠がなくても、旦那や浮気相手の自白を得られる証拠を見つけられれば、慰謝料請求も可能です。

旦那の浮気で離婚調停に使える証拠とは

旦那の浮気で離婚調停に使える証拠をまとめました!

旦那の浮気で離婚調停に使える証拠とは

旦那が浮気したから離婚したいのに、旦那は離婚を拒否している場合。

離婚に関して夫婦間で合意が得られないのであれば、離婚調停をする必要があります。

離婚調停をする時に、裁判で有益な旦那の浮気の証拠を提示できれば、離婚調停が成功しやすくなります。

また、旦那の浮気の証拠があれば離婚調停をしても旦那に不利になりやすいと考えられ、離婚調停前に旦那が離婚に合意してくれる場合もあります。

不貞行為の直接的な証拠が必要

旦那の浮気で離婚調停をしたいのであれば、不貞行為をしたという直接的な証拠が必要になります。

不貞行為の直接的な証拠が必要

直接的な証拠というのが、法律に詳しくない方は少しわかりにくいかもしれません。

例えば、旦那と浮気相手が互いに「好き」「愛してる」といったラインやメールの履歴は離婚調停の証拠とはなりにくいです。

このラインやメールの内容からは、肉体関係があったと証明できないからです。

反対に、ラブホテルで会う約束をしていたライン、ラブホテルの領収書、具体的な肉体関係があったとわかるような内容のライン履歴をなどは直接的な証拠です。

これらを証拠としてつかめば、離婚調停でも争うことができます。

旦那の浮気で離婚調停をする際には、このように証拠の質や種類に注意しましょう。

旦那の浮気の証拠まとめ

旦那の浮気の証拠についてまとめました!

旦那の浮気の証拠まとめ

旦那が浮気していると思ったら証拠集めをしましょう。しかし、証拠の種類には注意が必要です。

妻が集められるであろうラインの履歴、通話履歴などだけでは離婚調停、裁判、慰謝料請求などを考えると決め手に欠ける場合が多いからです。

離婚調停や慰謝料請求で有利にするためには、実際に不貞行為があったという直接的な証拠が必要です。

直接的な証拠とはラブホテルに出入りしている証拠、お互いの家に行き来している写真などです。

これらの証拠は残念ながら、旦那に顔を知られている妻が一人で集めるには難しいでしょう。

お金はかかってしまいますが、探偵などを利用して効率よく集めるのがおすすめです。

-浮気チェック方法

Copyright© うわき屋本舗 , 2019 All Rights Reserved.